お風呂に入りたくない!そんな時どうしますか?

お風呂 今日の笑育

子どもは大人よりたくさんの汗をかきますよね。

汗でベタベタの日に「お風呂に入りたくない!」と言われたらどうしましょう!?

そっか、入りたくないんだね!

まずは入りたくないという気持ちを受け入れましょう。

そして、なぜ入りたくないのか聞いてみましょう。

「だって〇〇したいんだもん」

「今テレビ見てるから!」

「お風呂嫌い」

色々理由を言ってくると思います。

その理由をウンウンと聞いて、またさらになぜそう思うのかを噛み砕いて聞いてみます。

ポイントは子どもが言ったことを一度繰り返して聞いてみます。

「そっか、〇〇したいんだね。なんで〇〇したいのかな?」

「そっかテレビ見てるんだね。なんのテレビ見てるのかな?」

「そっか~、お風呂嫌いなんだね~。なんでお風呂嫌いなんだろう?」

など、子どもの話に意識を向けます。

入りたくないと言う時のほとんどの理由は「今そんな気分じゃない」からです。

親の都合(=今お風呂に入ってもらわないと次に繋がらない)でのお誘いに、子の都合(=今そんな気分じゃない)がうまく噛み合っていないのです。

じゃ、パパ(ママ)ひとりで入っちゃおう~っと

どうしても入りたくないのなら仕方無いですね。

時にはお父さんやお母さんがひとりで入っても良いと思います。なかなかゆっくり浸かることなんて無いですもんね!

特にお子さんひとりでお風呂に入れるのは危ないですが、大人がひとりでお風呂に入るのは安全、そしてラク!たまには日頃の疲れをゆっくり癒してください。

楽しくひとりで入った後は「あ~気持ちよかった!」と楽しく上がってきてください。

お子さんがもしかしたらここで「入りたかった~」と言うこともあるかもしれません。その時は一緒に入ってあげてもよし、もしくは「もう上がっちゃった」と諦めさせて、その代わりに体を拭いてあげたりして済ませてください。

一日くらいお風呂に入らなくても大丈夫です!

入りたかった~と言われたら「明日は一緒に入ろうね」と優しく声掛けして、次の日「昨日一緒に入ろうって言ってたね!」と楽しくお子さんを誘ってみてください。

お風呂の時間が楽しければ必ず一緒に入ります。「入りたい気分」になるんです。

うちの場合、ウルトラマンや仮面ライダーの人形を一緒にお風呂に連れて行っても良いとしていて、「一緒にお風呂入れてあげよ~っ」とお風呂で遊んでいます。もちろん、お風呂用のおもちゃでも良いですし、水鉄砲とかシャボン玉でも楽しいと思います。

夏はお風呂でチューペットやアイスを食べても良い!ってなると走ってお風呂に行きます。(笑)

入りたくないという気持ちを受け入れて、お風呂が楽しくなる工夫を盛り込んでみてください。

今日もニコニコ、笑顔で過ごしましょう!

Photo by Jared Rice on Unsplash

タイトルとURLをコピーしました