笑育(ワライク)とは

笑育(ワライク)とはその名の通り「笑って」「育児」をすることです。

お父さん、お母さんが笑っていれば大抵の子育てはうまくいきます。

「でも、毎日大変なのに笑ってなんていられない」

そう思います。笑う暇なんて本当にないぐらい、毎日どうしてこんなに忙しいんだろう?って思うことがあります。

私は新卒から男性ばかりの営業社員として働いていました。結婚後も幸いにしてうちは夫が定時で上がれる仕事だったので、朝私は子供たちを保育園へ送り、お迎えは夫の仕事でした。

産休も1年以下での復帰、子どもたちは0歳から保育園にお世話になりました。

残業、接待、出張・・・がむしゃらに働きました。2人目出産後、転職をしましたが営業職は続けました。

営業なので売上が成績表のようなものです。売上が良くなければ落第です。なので、営業成績を上げるよう「男性に負けないよう」頑張ってきました。

海外との取引なので家にいても時差がある海外からの返事にその場で答えたり、

夜中に起きて電話をしたり・・・色々やりました。

そんな私がある日心を病みました。

仕事人間だった私。週末に体調が悪くても月曜日には体調が良くなるほど体調管理は万全でした。

しかし、ある月曜日の朝、ベッドから起きられない・・・

最初は疲れだろう、と思っていました。

その日は栄養ドリンクを飲んで出社。

でも電車の中で動悸がし、頭痛も始まりました。

そんな状態が2週間ほど続きました。その時の私は本当に余裕がなく、家でも無表情、もしくは難しい顔をしていました。

寝ても寝ても疲れが取れない。

昼休みに整体に行くのが週1回から3回まで増えました。

業務量も大幅に増えました。ちょうど会社の社長が世襲交代したところでした。

私は彼の営業力には一目置いていて、信頼していました。自分自身も信頼されていると思っていました。

ところが、社長になった途端、私へのパワハラが始まりました。

私の体調不良はそれから約1年後に現れました。

約1年、3名分の業務量を営業成績を維持しながら1人でこなしました。そしていよいよ、体も心もいっぱいいっぱいになってしまったのです。

それ、うつ病一歩手前だよ

夫に言われたひと言が今でも心に刺さります。

それから私は「誰かのように頑張って」「誰かのようになる」ことを辞めました。言い換えれば「男性並みに頑張って、男性のように働いても意味が無い」ことに気づいたのです。

私は家では母親で、妻でありたい。

でも外に働いているときは、女性でありたい。

そう思いました。

そして、私の心に余裕があり、家でもニコニコしていることが子育てにとってとても大切であることに気づきました。

そういえば私ががむしゃらに働いていた頃、子どもたちにはいじめや仲間外れといった諸問題がありました。出張の日に限って子供が熱を出したり、体調を崩したり。学校に行きたくない、と言われたり。

そのたびに夫婦でどっちが休むのか揉めることもありました。

でも私は心の整理をし、仕事のスタイルを変えました。

毎日営業に出るのはやめよう。

週に1日は直帰ができるような外出をし、少し帰宅に余裕を持とう。

週に2日は内勤日にして、同僚のフォローや自分自身が万が一休む時でも家で仕事ができるようにしよう。

そうして「心の余裕を持った仕事スタイル」を取り入れてから、家でも余裕が生まれ、結果私や夫の笑顔に繋がりました。

お父さん、お母さんがニコニコしていれば、子どもも笑顔になります。

「〇〇しなきゃならない」

そうやって自分を追い詰めなくて良いんです。

外で頑張って、家でも頑張る必要無いんです。

多少部屋が散らかっていても、よし!

洗濯物が大変ならガス乾燥機で解決もよし!

家でピリピリするのは何のためなのか。誰もあなたの事を監視していないので、力を抜いても良いんです。

あなたの人生は誰かに評価されるものではないのです

だから、誰かと比べなくていい。誰かのようにならなくて良いんです。

笑育のススメはそんなあなたのための心の開放です。

必死になってイライラするぐらいなら、必死になんてならなくても良い。

忙しくしてピリピリするくらいなら、忙しくしなくても良い。

仕事でのあなたの代わりは誰でもいます。でも同時に、あなたの代わりは誰も居ないんです。

だから、あなたにできることをする。あなたができる範囲で、できることをやっていく。

それは決して甘えでも逃げでも無い。自分との本当の意味での対面です。

子どもたちはニコニコしているお父さん、お母さんが大好き。

眉間に皺を寄せている顔は見たくないです。

「でも、子どもが言うことを聞かない!」

子どもに言うことを聞かせたいのは何のためなんでしょう。

色々と噛み砕いていくと、それが結果子どものためであることと無いことが分かってきます。

笑育を通じて、その「子どものためでは無いこと」をもっと楽に考えていきましょう。

「今日の笑育」ではそんな毎日のヒントを紹介しています。ぜひあなたの子育ての毎日のスパイスとして役立ててください。

タイトルとURLをコピーしました